必要なデータ分析

そのようなデータは、量が多ければ多いほど、正確性を持ちます。ただし、それが十分に活用されるためには、そのデータについて正しい分析が行われなければなりません。データが将来的なマーケティングに生かされるためには、それがどのような意味を持っているのか、という点を理解する必要があります。これを単一のソフトウェアで行うことによって、データ分析が非常に楽になり、そこからどのようなマーケティングにつなげていけば良いか、というのが非常に分かりやすくなります。日本ではまだ普及していないマーケティングオートメーションも、これからの時代、より広範にわたって導入されていくことになるでしょう。

現代におけるユーザーと開発者の関係は、昔に比べて非常に密接なものとなっています。私たちはユーザーとして、様々な意見や要望を、今後の開発に取り入れてもらうように個人として働きかけることができます。それらは少なからず今後の開発に生かされ、同時に個人への正確なマーケティングに用いられるようになります。私達も、単にサービスやアプリケーションを利用するだけでなく、そういった点を理解しておくなら、よりそれらを活用する上で、可能性が広がっていくでしょう。

マーケティングをオート化する

ですから、現代でより求められているのは、顧客のニーズや関心をより重視した、そしてそれに合わせた提案ができるマーケティングです。一方的なものではなく、ユーザーが自主的に関心を持ってもらえるような仕組みが必要となりました。世界がネットワークで簡単に繋がるようになった現代だからこそ、この手段が求められている、ともいえます。さらに言えば、そのようなマーケティングは効率的に行われていくべきものです。

Webマーケティングを行う上で重要な役割を担っているのは、企業におけるマーケターなどの存在です。そして現代では、そのマーケティングが効率的に行われていくようにするための『マーケティングオートメーション』という仕組みなどが用いられるようになっています。 私達ユーザーは、とあるサイトにアクセスするだけで、様々なデータを残している、と言えます。どのページを何回開いたか、どのようなジャンルの記事に定期的にアクセスしているか、そしてそれをどのくらいの頻度で行っているか、という点は、データ化されて、マーケティングに活用されます。それによって、私達がどのようなことに関心を持っているかがわかり、今後、どのような提案が行われていくべきかが分かります。

最初の段階

特定の商品やサービスを多くの人に提供する上で、企業にとってマーケティングは欠かせません。逆に、マーケティングを行わないと、それらの商品やサービスについて知ってもらうという、最初の目標さえ達成できないかもしれないからです。知ってもらわなければ、誰かがそれについて関心を持つこともなく、それを知った誰かがそれについて広めることもありません。ですから、まずはそれらについて関心を持ってもらう、ということが何よりも大切なのです。関心を持ってもらい、実際にサービスを利用してもらうようになったら、そこで終わりでしょうか。そうではありません。その後もその顧客と良好な関係を保っていくために、良い形でのアプローチを行い続ける必要があるのです。

顧客の変化し続けるニーズに併せて、様々な方法や手段で、マーケティングが継続されていくべきです。そしてそれは、一方的なものになってしまわないように、注意する必要があります。 従来の、いわゆる『宣伝』の手段は、企業側からユーザーに対する一方的なものが多かったと言えます。電話やダイレクトメールなどの方法は、あくまで一方的なアプローチであり、ユーザーの関心や理想に伴ったものにはなり切れていませんでした。

Webマーケティングとテクノロジーの進化

私達の生活は、様々な生活を支える技術の数々によって、大変豊かになっています。昔と比べた時、私達の生活の仕方そのものも、多様に変化しました。それは単に技術が進歩してそれによって手段が多様化したのではなく、また単に手段が革新化しただけではありません。それらの変化にともなって、私達人間がそれに『順応してきた』ということが、より大きな変化であるといえます。変化の度合いは激しいですが、私たちはその激しい変化にも、対応することができる、ということが証明されてきた、と言えます。

テクノロジーの進化は、少なからず私達をさらに自由にしましたが、それに伴って例外なく進化し続けてきたのは、それらの発展には欠かせない『消費者』の存在です。私たちはそれらの技術を惜しみなく搭載された技術を、生活のあらゆる場面で活用することができます。スマートフォンやタブレット端末の普及によって、それらは更に推し進められてきました。それらは単体では機能せず、その主体となっているのは、それらに搭載される『アプリケーション』の存在です。アプリケーションが、それらの機器に搭載されたOS(オペレーションシステム)上で動作することによって、様々なことを行うことができます。当然ながら、それらのアプリケーションは、それらを開発した側から提供されるものです(例外もあります)が、もしそれから利益を得るためには、消費者ーいわば顧客である私たちに、よりそれらについて知ってもらう必要があります。そこで行われるのが、『Webマーケティング』です。